前ページに戻る
ホームページに戻る


検討事項3. 全施設を受注する場合


上記の場合、解決すべき問題は以下の通り。

  1. 開発センターの常勤職員の採用の問題
  2. 文化施設職員の補助者二名(時間給)の採用
  3. 運営委員人数の増加(少なくとも各地区から二名ずつ六名必要)

検討事項4. 文化施設のみを受注する場合


上記の場合、解決すべき問題は以下の通り。

  1. 文化施設職員の補助者二名(時間給)の採用
  2. 補助者を入れると、正職員の給与が下がってしまう事の対策。
  3. 運営委員人数の増加(少なくとも各地区から二名ずつ六名必要)



全施設を受注した場合の運営案【1】


文化施設・開発センターにそれぞれ正職員一名ずつを公募・採用する案。

必要となる人員は以下の通り

1. 文化施設


1) 正職員一名(公募する。現職員の内諾が有るので現状で候補者一名確保)


2) 補助員1〜2名(公募する。現在候補者無し)


2. 開発センター

1) 正職員一名(公募する。現在候補者無し)


2) パートタイマー(随時採用)





全施設を受注した場合の運営案【2】


文化施設に正職員一名を公募・採用し、開発センターには住み込みの補助者を別途雇用する案。

必要となる人員は以下の通り

1. 文化施設 (運営案1と同じ)


1) 正職員一名(公募する。現職員の内諾が有るので現状で候補者一名確保)

2) 補助員1〜2名(公募する。現在候補者無し)


2. 開発センター


1) センターの正職員は文化施設職員が兼務する。


2) 補助員1名(公募する。現在候補者無し)


3) パートタイマー(随時採用)




文化施設のみを受注した場合の運営案


文化施設に正職員一名を公募・採用する案。

必要となる人員は以下の通り

1) 正職員一名(公募する。現職員の内諾が有るので現状で候補者一名確保)


2) 補助員1〜2名(公募する。現在候補者無し)


前ページに戻る
ページのトップへ戻る
サイトのホームページに戻る